電子書籍 濡れ透けJKが雨宿りしてたのでナカにいれてあげた アダルトマンガ

完結
著: ぱいん  著: もえまん 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

濡れ透けJKが雨宿りしてたのでナカにいれてあげた1 あらすじ・内容

倉庫の軒下で、ビショ濡れで雨宿りしていた黒髪の少女におそるおそる話しかけた。根暗なオタクの俺には女の子と上手く話せるスキルなどなかったが、それでもその少女を放っておけずに。ただの善意のつもりだった―なのに。少女の口からこぼれる辛辣な言葉によって貶められ、罵られ、我慢の限界を超えた俺は怒りのままに少女を押し倒す。処女を奪うだけでは飽き足らず、その見たこともない程に眩しい肌を徹底的にいたぶり、唇も奪い、乳房を鷲掴みにし、また犯し、中出しし、凌辱する。そう。俺は、雨宿りをしていたずぶ濡れのJKをレ〇プした―。

この作品を共有

「濡れ透けJKが雨宿りしてたのでナカにいれてあげた」最新巻

倉庫の軒下で、ビショ濡れで雨宿りしていた黒髪の少女におそるおそる話しかけた。根暗なオタクの俺には女の子と上手く話せるスキルなどなかったが、それでもその少女を放っておけずに。ただの善意のつもりだった―なのに。少女の口からこぼれる辛辣な言葉によって貶められ、罵られ、我慢の限界を超えた俺は怒りのままに少女を押し倒す。処女を奪うだけでは飽き足らず、その見たこともない程に眩しい肌を徹底的にいたぶり、唇も奪い、乳房を鷲掴みにし、また犯し、中出しし、凌辱する。そう。俺は、雨宿りをしていたずぶ濡れのJKをレ〇プした―。

「濡れ透けJKが雨宿りしてたのでナカにいれてあげた」作品一覧

(4冊)

各200円 (+税)

まとめてカート

倉庫の軒下で、ビショ濡れで雨宿りしていた黒髪の少女におそるおそる話しかけた。根暗なオタクの俺には女の子と上手く話せるスキルなどなかったが、それでもその少女を放っておけずに。ただの善意のつもりだった―なのに。少女の口からこぼれる辛辣な言葉によって貶められ、罵られ、我慢の限界を超えた俺は怒りのままに少女を押し倒す。処女を奪うだけでは飽き足らず、その見たこともない程に眩しい肌を徹底的にいたぶり、唇も奪い、乳房を鷲掴みにし、また犯し、中出しし、凌辱する。そう。俺は、雨宿りをしていたずぶ濡れのJKをレ〇プした―。

倉庫の軒下で、ビショ濡れで雨宿りしていた黒髪の少女におそるおそる話しかけた。根暗なオタクの俺には女の子と上手く話せるスキルなどなかったが、それでもその少女を放っておけずに。ただの善意のつもりだった―なのに。少女の口からこぼれる辛辣な言葉によって貶められ、罵られ、我慢の限界を超えた俺は怒りのままに少女を押し倒す。処女を奪うだけでは飽き足らず、その見たこともない程に眩しい肌を徹底的にいたぶり、唇も奪い、乳房を鷲掴みにし、また犯し、中出しし、凌辱する。そう。俺は、雨宿りをしていたずぶ濡れのJKをレ〇プした―。

倉庫の軒下で、ビショ濡れで雨宿りしていた黒髪の少女におそるおそる話しかけた。根暗なオタクの俺には女の子と上手く話せるスキルなどなかったが、それでもその少女を放っておけずに。ただの善意のつもりだった―なのに。少女の口からこぼれる辛辣な言葉によって貶められ、罵られ、我慢の限界を超えた俺は怒りのままに少女を押し倒す。処女を奪うだけでは飽き足らず、その見たこともない程に眩しい肌を徹底的にいたぶり、唇も奪い、乳房を鷲掴みにし、また犯し、中出しし、凌辱する。そう。俺は、雨宿りをしていたずぶ濡れのJKをレ〇プした―。

「濡れ透けJKが雨宿りしてたのでナカにいれてあげた」の作品情報

レーベル
もえまん
出版社
アド・グッド
ジャンル
アダルトマンガ 完結 フィルムコミック 男性向け おとなマンガ
ページ数
113ページ (濡れ透けJKが雨宿りしてたのでナカにいれてあげた1)
配信開始日
2017年3月31日 (濡れ透けJKが雨宿りしてたのでナカにいれてあげた1)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad