アダルト・R-18・大人向けの電子書籍・無料試し読みならBOOK☆WALKER

R18

昭和集団羞辱史:芸術編

著者
濠門長恭
イラスト
藤間慎三

あらすじ・内容

ストリップショーとヌードモデル。どちらも芸術です。

昭和30年代。若年者への職業規制が無いに等しく、民事不介入を口実に司法の保護も望めなかった時代。さまざまな事情で身体を売る仕事を強いられた少女たちを描いていくオムニバスです。類似した「職業」を扱った中編2本で1冊にしていく予定です。

ストリップ嬢
父親が借金を背負い、その返済のためにストリップ嬢になった少女。踊って裸を見せるくらいなら我慢できると思っていた少女は『特出し』に驚く。初舞台で、どうしても全裸になれず、一座に迷惑を掛けてしまうのだが、マネージャーの機転で救われて……

ヌードモデル
憧れの教師に懇願されてヌードモデルをつとめたのが教頭に知られて、「キミにぴったりの仕事だ」と、ヌードモデル斡旋会社に就職を強いられる。若い彼女は引く手あまた。社長は四十八手のモデルとか緊縛モデルといった『応相談』の仕事ばかりを少女に押しつける。不埒な行為には10万円(現在価値で200万円以上)の罰金も、20人が割勘にすると……

本文は11万4千文字(原稿用紙換算342枚)です。

電子書籍 コイン
価格

440(税込)

400円 (+消費税40円)

付与コイン

12/7 (水) 09:59まで

200(*詳細)

作品情報

シリーズ
昭和集団羞辱史
著者
レーベル
SMX工房
出版社
SMX工房
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
239
配信開始日
2020/11/17
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

R18 昭和集団羞辱史:物売編(昼)

著者: 濠門長恭

御品書
集団羞辱史シリーズ
昭和30年代/集団就職/処女/陰毛/クンニ/輪姦/リンチ/性具/チョンの間/アクメ/緊縛

粗筋
 昭和30年代。若年者への職業規制が無いに等しく、民事不介入を口実に司法の保護も望めなかった時代。さまざまな事情で身体を売る仕事を強いられた少女たちを描いていくオムニバスです。類似した「職業」を扱った中編2本で1冊にしていく予定です。

淫毛の御守
 友人と遊びに出た街で、処女ストリッパーの淫毛を欲しがる男どもの会話を漏れ聞いた少女は、自分のを売ってみようと思い立つ。いきなり、十分ほどで日当にも匹敵する金額を手にした少女は、翌週からは競輪場へ遠征して荒稼ぎ。
 しかし、若い娘がひとりで鉄火場に潜入すれば、あれこれの危険が迫ってくる。あわやというところをヤクザに救われて、それからは大掛かりな道具立て――神社で神事にかこつけて淫毛の御守を売ることになった。少女の取り分は二割に過ぎないが、それでも単身で冒険をしていた頃の数倍も稼げた。
 それをやっかんだ他の組織に少女は拉致され、商品価値(処女)を喪失させられる。

寝室必需品
 叔父を頼って都会に出た少女は、訪問販売の助手を務めることになった。叔父の扱っている商品は、コンドームとか精力剤とか性玩具とか。
 まずは商品を知らないと仕事はできないからと、いきなり国産コンドームと輸入品との違いを体験させられる。
 叔父は商品を売るだけでなく、客の主婦に(少女と同じように)使い心地を試させることもあった。それが夫たちにばれて――少女へのコンドームの試用を強要される。
 少女は嫌がるどころか、積極的に性の快楽を追求する始末。

本文は、約8万1千文字(原稿用紙換算245枚)です。

コイン12/7 (水) 09:59まで

価格

440(税込)

400円 (+消費税40円)

「昭和集団羞辱史」シリーズ作品一覧(全4冊)

440(税込)

  • R18 昭和集団羞辱史:芸術編

    昭和30年代。若年者への職業規制が無いに等しく、民事不介入を口実に司法の保護も望めなかった時代。さまざまな事情で身体を売る仕事を強いられた少女たちを描いていくオムニバスです。類似した「職業」を扱った中編2本で1冊にしていく予定です。

    ストリップ嬢
    父親が借金を背負い、その返済のためにストリップ嬢になった少女。踊って裸を見せるくらいなら我慢できると思っていた少女は『特出し』に驚く。初舞台で、どうしても全裸になれず、一座に迷惑を掛けてしまうのだが、マネージャーの機転で救われて……

    ヌードモデル
    憧れの教師に懇願されてヌードモデルをつとめたのが教頭に知られて、「キミにぴったりの仕事だ」と、ヌードモデル斡旋会社に就職を強いられる。若い彼女は引く手あまた。社長は四十八手のモデルとか緊縛モデルといった『応相談』の仕事ばかりを少女に押しつける。不埒な行為には10万円(現在価値で200万円以上)の罰金も、20人が割勘にすると……

    本文は11万4千文字(原稿用紙換算342枚)です。

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    440(税込)

    400円 (+消費税40円)

  • R18 昭和集団羞辱史:浴場編

    昭和30年代。若年者への職業規制が無いに等しく、民事不介入を口実に司法の保護も望めなかった時代。さまざまな事情で身体を売る仕事を強いられた少女たちを描いていくオムニバスです。類似した「職業」を扱った中編2本で1冊にしていく予定です。

    湯女
    梢枝が継父と風呂で戯れているのを知った母は、「そんなに男と風呂に入るのが好きなら」と、実の娘を湯女に仕立ててしまう。梢枝は、一か月でサラリーマンの年収ほども稼げるのだからと、むしろ喜んで就職する。
    しかし、若い故に禁忌にとらわれない娘の淫放な振る舞いは、年齢がずっと上の先輩たちに疎まれ妬まれて――リンチが始まる。
    ※リンチとはいえ、従来の濠門長恭作品に比べると甘々です。

    トルコ嬢
    父親が暴力団の金を横領して、一家は身体で返済を迫られる。父と弟は遠洋漁船、母は山奥の飯場へ、そして進学したばかりの葉子は退学して高級トルコ風呂へ。
    葉子はヤクザの若い男と強制的に結婚させられる。結婚していれば成人とみなされるから、風俗で働いても問題は無い。と同時に、男は葉子の監視役でもあり、前借を重ねていつまでも葉子から金を搾り取る役目も持っていた。
    そんな環境では『仕事』に熱心になれるはずもなく、抜群に若いにもかかわらず葉子の人気は低迷して客もあまりつかない。
    それならアルバイトでも稼げと――葉子は緊縛研究会のNG無しモデルに貸し出されもするのだった。
    ※こちらは、随所にハードな場面がちりばめられています。

    本文は13万6千文字(原稿用紙換算406枚)です。

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    440(税込)

    400円 (+消費税40円)

  • R18 昭和集団羞辱史:売春編

    昭和30年代。若年者への職業規制が無いに等しく、民事不介入を口実に司法の保護も望めなかった時代。さまざまな事情で身体を売る仕事を強いられた少女たちを描いていくオムニバスです。

    ちょんの間
    就職斡旋の男に「職業指導」を一度は受けたが、自分で客に媚びも売れず演技もできない明美は客を怒らせてばかり。自身も娼婦として働く女将の娘(勝江)の提案で「縛られ女郎」となった。勝江がヤクザの姐御役を演じて嫌がる明美を縛り上げて無理矢理客を取らせるという『ごっこ遊び』は、SMという言葉も知られていない当時、大評判となったのだが。
    明美は先輩たちから羨まれて陰湿な嫌がらせを受けるようになった。勝江は自分が女将の娘であるという優越性を逆手に取って、店の娼婦たちに土下座して謝り、これからは自分が「縛られ女郎」となり、他の娼婦が順繰りに姐御役を演じて取り分の八割までを渡すという損な役回りを引き受ける。
    実は勝江は自縛遊びなどが嵩じて本邦初のSMクラブを開くという趣味と実益を兼ねた野望を秘めており、最初から明美の素質を見抜いてパートナーとして調教していたのだった。

    女護ヶ島
    夏祭りの夜にユキは幼馴染と結ばれて、初体験にもかかわらず絶頂を知った。幼馴染とはそれきりになったユキは快感を求めて、言い寄る男に身体を許す娘になってしまった。しかし、村の男どもには失望させられてばかりだった。
    就職斡旋の片隅に「困窮女子限定(特殊接客業)高額支度金」の掲示を見つけたユキは、卒業後は通称女島の接待仲居として働くことを決めた。しかし、何百人と肌を交えても絶頂は再体験できなかった。悶々として半年が経ち、ついにユキは初体験とは比べものにならない凄絶な絶頂を体験する。しかし、その相手はレズビアンだった。しかも、篭絡した女性を転籍させて紹介料を稼ぐスカウトだった。
    彼女はユキに惚れ込んでしまい、前借に縛られているユキと駆け落ちを試みた。しかし、あっさりと捕まってしまい、ユキともども凄惨なリンチを受ける。
    二人はさらに高額の前借証文を書かされて。昼はストリップ小屋で本気の拷悶を交えたシロシロ・ショーを演じさせられ、夜は接待仲居として客に抱かれる日々が始まった。

    本文は、約20万3千文字(原稿用紙換算609枚)です。

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    440(税込)

    400円 (+消費税40円)

  • R18 昭和集団羞辱史:物売編(昼)

    御品書
    集団羞辱史シリーズ
    昭和30年代/集団就職/処女/陰毛/クンニ/輪姦/リンチ/性具/チョンの間/アクメ/緊縛

    粗筋
     昭和30年代。若年者への職業規制が無いに等しく、民事不介入を口実に司法の保護も望めなかった時代。さまざまな事情で身体を売る仕事を強いられた少女たちを描いていくオムニバスです。類似した「職業」を扱った中編2本で1冊にしていく予定です。

    淫毛の御守
     友人と遊びに出た街で、処女ストリッパーの淫毛を欲しがる男どもの会話を漏れ聞いた少女は、自分のを売ってみようと思い立つ。いきなり、十分ほどで日当にも匹敵する金額を手にした少女は、翌週からは競輪場へ遠征して荒稼ぎ。
     しかし、若い娘がひとりで鉄火場に潜入すれば、あれこれの危険が迫ってくる。あわやというところをヤクザに救われて、それからは大掛かりな道具立て――神社で神事にかこつけて淫毛の御守を売ることになった。少女の取り分は二割に過ぎないが、それでも単身で冒険をしていた頃の数倍も稼げた。
     それをやっかんだ他の組織に少女は拉致され、商品価値(処女)を喪失させられる。

    寝室必需品
     叔父を頼って都会に出た少女は、訪問販売の助手を務めることになった。叔父の扱っている商品は、コンドームとか精力剤とか性玩具とか。
     まずは商品を知らないと仕事はできないからと、いきなり国産コンドームと輸入品との違いを体験させられる。
     叔父は商品を売るだけでなく、客の主婦に(少女と同じように)使い心地を試させることもあった。それが夫たちにばれて――少女へのコンドームの試用を強要される。
     少女は嫌がるどころか、積極的に性の快楽を追求する始末。

    本文は、約8万1千文字(原稿用紙換算245枚)です。

    コイン12/7 (水) 09:59まで

    価格

    440(税込)

    400円 (+消費税40円)

付与コインの内訳

200コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    0%

  • コインUPキャンペーン

    50%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「昭和集団羞辱史:芸術編」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報