アダルト・R-18・大人向けの電子書籍・無料試し読みならBOOK☆WALKER

R18

僕の初めての相手は近所の二つ年上のお姉さんだった

著者
清水剛

あらすじ・内容

有香ねえは手帳を見た。荻野式でしょ、と聞いてみたがそうではないらしい。有香ねえは生理と生理の間が二十八日で、ほとんどずれることがないそうだ。これは珍しいことで、普通は間隔がバラバラだという。「いつから生理かわかるから、その直前なら安全ってわけ」今日は生理の二日前だと言いながらさきほどの手帳を見せてくれた。なるほど、あさっての日付に赤ペンで丸がしてある。   ◇子供の頃はこのあたりには田んぼがあって、夏が近づくとカエルの啼き声がうるさいほどだった。いまは住宅が立ち並び昔の面影はなくなってしまった。それでも一歩公園に入ると、そこには昔遊んだブランコやジャングルジムがそのままで、一瞬で僕を小○生時代に引き戻してくれる。   ◇ 僕の初めての相手は近所の二つ年上のお姉さんだった。名前は有香。僕は有香ねえと呼んでいた。オクテだった僕は十九歳で有香ねえと初体験した。 家が近所で親どうしが仲よしだったので、有香ねえはよく僕の家に遊びに来ていた。僕はまだキスもしたことがない童貞で、毎日エロ本やネットの画像を見て興奮していた。 有香ねえとは姉弟のように育ったのでよく面倒みてくれたけど、高校生くらいからそれがちょっとうざくなっていた。有香ねえはそばに来るといい匂いがしたから、やたらと勃起して困った。有香ねえはクスクス笑っていたから、きっと気がついていたんだと思う。   ◇ ある日、パソコンでエロサイトを見ていたらいきなり有香ねえが入ってきた。「あっ、ノックくらいしてよ」あわてて消そうとしたが、ブラウザが閉じるまでの二、三秒間、画面に映る裸の女をしっかり見られた。「こんなの見てたんだ、ふーん」有香ねえはニヤニヤしながら部屋を出て行った。どうしよう、とドキドキしているとまた戻ってきた。うしろ手になぜかウエットティッシュを持っている。リビングに置いてあったやつだ。有香ねえは僕の背後にまわると耳元に顔を近づけ八重歯を見せた。「気持ちいいことしてあげる」「は?」目を見ると笑っている。「こっちきて」 有香ねえが手を引いた。僕をベッドに座らせると、慣れた手つきでズボンのベルトを外しだした。フンフンと鼻歌まじりで、なんだか楽しそうだ。有香ねえの首筋から香水の甘い香りが立ち上がる。

電子書籍
価格

385(税込)

350円 (+消費税35円)

付与コイン
3(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
清水剛
出版社
清水剛
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
74
配信開始日
2019/1/16
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

付与コインの内訳

3コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「僕の初めての相手は近所の二つ年上のお姉さんだった」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報