アダルト・R-18・大人向けの電子書籍・無料試し読みならBOOK☆WALKER

文芸

セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック

あらすじ・内容

◇あらすじ

「お兄ちゃん――正座」

ガチリ――と教室の引き戸に鍵をかけながら、ひと言。
ああクソ……また、沙織の“悪癖”が始まるよ……。


さかのぼる事 数分前。


(あのオッサン……なんてことしやがるんだ……!)

「ぐふっ。鈴代くんは本当にいい子だねえ」

頭を撫でる中年教師。

「あ、あはは……先生、恥ずかしいです……」

そのほほ笑みを見ていると、ドクドクと心臓が高なっていく。
いつの間にか握りしめていた両手には汗が滲み、喉はカラカラ。
無意識に足を止めて、その可愛らしい笑顔に見入ってしまう。
そう、俺は実の妹である沙織に――。


――恐怖していた。


沙織と、目が、あった。

「鈴代先生、お待たせしました」

さも最初から俺に呼び出されていたかのように、沙織がこちらに近づいてくる。

「鈴代先生。お時間もありませんし、早めに済ませてしまいましょう?」

「あ、ああ……そ、そうだな……」

俺が頷いたのを確認すると、沙織はそれ以上一瞥することもなく歩き出す。

「……ふふ。鈴代先生ったら。早くしてください」

ゆっくりと振り返った沙織が、朗らかな微笑みを向けてくる。
その笑みに、ゾクッ――とした寒気を覚えた。
(……これ以上、機嫌を損ねない方がいいか……)
観念して、俺は沙織の後についていくのだった。


そして、今に至る。


「……はあ……」

言われるがまま、その場に正座しようとして――。

「――下、脱ぎ忘れてるけど?」

そんな風に、沙織に止められてしまう。

「う……さ、さすがにここはマズイんじゃないか……? ほら、昼休みだから廊下に人も通るだろうし……」

「ふーん、そう。だから?」

顎だけをクイッと動かして『脱げ』と促してくる。
……ダメだ、俺が思っているより機嫌が悪いのかもしれない。

「……わ、わかったよ……」

「ほら、見ていてあげるから早く脱いで」

クスクスと笑いながら、こちらを見つめてくる沙織。
その愉快そうな視線を受けながら、俺はズボンを脱ぐしかなかった。

電子書籍
価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

シリーズ
セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック(どろっぷす!)
著者
レーベル
――
出版社
どろっぷす!
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
721
配信開始日
2022/1/7
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック(どろっぷす!)」シリーズ作品一覧(全1冊)

550(税込)

  • 文芸 セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック

    ◇あらすじ

    「お兄ちゃん――正座」

    ガチリ――と教室の引き戸に鍵をかけながら、ひと言。
    ああクソ……また、沙織の“悪癖”が始まるよ……。


    さかのぼる事 数分前。


    (あのオッサン……なんてことしやがるんだ……!)

    「ぐふっ。鈴代くんは本当にいい子だねえ」

    頭を撫でる中年教師。

    「あ、あはは……先生、恥ずかしいです……」

    そのほほ笑みを見ていると、ドクドクと心臓が高なっていく。
    いつの間にか握りしめていた両手には汗が滲み、喉はカラカラ。
    無意識に足を止めて、その可愛らしい笑顔に見入ってしまう。
    そう、俺は実の妹である沙織に――。


    ――恐怖していた。


    沙織と、目が、あった。

    「鈴代先生、お待たせしました」

    さも最初から俺に呼び出されていたかのように、沙織がこちらに近づいてくる。

    「鈴代先生。お時間もありませんし、早めに済ませてしまいましょう?」

    「あ、ああ……そ、そうだな……」

    俺が頷いたのを確認すると、沙織はそれ以上一瞥することもなく歩き出す。

    「……ふふ。鈴代先生ったら。早くしてください」

    ゆっくりと振り返った沙織が、朗らかな微笑みを向けてくる。
    その笑みに、ゾクッ――とした寒気を覚えた。
    (……これ以上、機嫌を損ねない方がいいか……)
    観念して、俺は沙織の後についていくのだった。


    そして、今に至る。


    「……はあ……」

    言われるがまま、その場に正座しようとして――。

    「――下、脱ぎ忘れてるけど?」

    そんな風に、沙織に止められてしまう。

    「う……さ、さすがにここはマズイんじゃないか……? ほら、昼休みだから廊下に人も通るだろうし……」

    「ふーん、そう。だから?」

    顎だけをクイッと動かして『脱げ』と促してくる。
    ……ダメだ、俺が思っているより機嫌が悪いのかもしれない。

    「……わ、わかったよ……」

    「ほら、見ていてあげるから早く脱いで」

    クスクスと笑いながら、こちらを見つめてくる沙織。
    その愉快そうな視線を受けながら、俺はズボンを脱ぐしかなかった。

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「セメラレ~妹で感じるなんて、お兄ちゃんは変態なんだね~ アドベンチャーゲームブック」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報