アダルト・R-18・大人向けの電子書籍・無料試し読みならBOOK☆WALKER

  • BOOK☆WALKER文庫フェス コイン45%還元
はじめてのお客さまへ
電子書籍

体験告白 昼下がりの女たち 第五話 息子を保育所に入れるため、議員先生に身体を差し出した私の体験

税込価格
275 (250円+消費税25円)
付与コイン
2 コイン

付与コイン2コインの内訳

会員ランク(今月ランクなし)
1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
奥さん、保育所は口実で、ずっと玩具になりたかったんだろう?

女流ポルノ作家・わかつきひかるが、官能小説誌から依頼を受けて、女たちのエッチな体験談をもとに執筆した告白手記風リアルファンタジー。

シリーズの最終話となる第五話は、保育所に子供を入れてもらうことを条件に、町会議員から真昼のホテルでお籠り調教される人妻の体験談。

また入園審査に落ちたら、私は仕事を辞めるしかなくなる......。保育所が見つからず、路頭に迷っていた人妻。ある日、本屋で町会議員を見かける。議員の口利きがあれば入園できるという話を耳にした彼女は、目の前の男に気に入られたら保育園に入れる、そう思った。そして、議員のスーツの裾に、口紅をなすりつける。「あのう。スーツ、裾のところ、汚れていますよ」


【著者プロフィール】
わかつきひかる
2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

(c) Hikaru Wakatsuki , 2020

新規会員登録
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「体験告白 昼下がりの女たち 第五話 息子を保育所に入れるため、議員先生に身体を差し出した私の体験」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
27

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2020/2/14
週間ランキング
月間ランキング
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面
お得な情報