アダルト・R-18・大人向けの電子書籍・無料試し読みならBOOK☆WALKER

R18

私、背徳セックスに溺れています。(1)

あらすじ・内容

あまねは入学式で知り合ったサキの寂しさに触れてしまい友達になろうとする。
面倒くさそうにサキは拒むが、ある事に協力して欲しいと言われOKすると…

佐藤あまね
J●1年生。両親の愛情いっぱいに育てられ明るく優しい女の子。

汐見サキ
あまねの同級生。小学校の時に両親が離婚、そのせいでいじめられ中学はひとりぼっち。
寂しさを埋める様にアプリで知り合った修史に依存していく。

修史
アプリで出会ったサキの寂しさに付け込んで快楽堕ちさせる。
サキの事は肉便器扱いするゲス男。サキが自分無しでは生きられない事を理解して利用している。

電子書籍
価格

396(税込)

360円 (+消費税36円)

付与コイン
3(*詳細)

作品情報

シリーズ
私、背徳セックスに溺れています。(PRESTIG COMIC)
著者
レーベル
PRESTIGE COMIC
出版社
プレステージ出版
カテゴリ
アダルトマンガ
ページ概数
35
配信開始日
2020/6/5
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

R18 私、背徳セックスに溺れています。(5)

著者: どえむたん

部屋に入ると、そこは濃厚な雌の匂いで充満していた。
「あっ…見てっ!サキちゃん…一番っ奥で…っ!セーエキ出されてっ、お潮吹いちゃうっ…ところぉっ!!」
だらしなく舌を出し、完全に蕩けきった表情で修史の肉棒を根元まで咥え込むあまねの淫裂からは白濁した愛液があふれ、奥を突かれるたびに尿道から勢いよく潮を噴いていた。

――私、もう修史さんとはもう会わないから。
あまねと友達になれたことで自分の居場所をみつけたサキは修史との関係を断つと伝えた。
しかし、すでに修史のセフレとして快楽の虜になっていたあまねは、これでサキに負い目を感じることなく修史を独占できると思い、再び修史とホテルで行為を始めようとする。
「お●んちんが、挿入らない…?なんで、なんで濡れないの…?」
「サキからもう会わないって連絡があったよ。残念だけど、あまねちゃんともお別れだね。」
「なんで…そんなの嫌です!」
「だって、濡れないんでしょ?君が感じていたのはサキへの“背徳感”からでしょ?」

試してみる?そういって修史がサキに電話をかけると…。

背徳感の快楽に溺れるセックス譚、最終話!!

価格

396(税込)

360円 (+消費税36円)

「私、背徳セックスに溺れています。(PRESTIG COMIC)」シリーズ作品一覧(全5冊)

396(税込)

  • R18 私、背徳セックスに溺れています。(1)

    あまねは入学式で知り合ったサキの寂しさに触れてしまい友達になろうとする。
    面倒くさそうにサキは拒むが、ある事に協力して欲しいと言われOKすると…

    佐藤あまね
    J●1年生。両親の愛情いっぱいに育てられ明るく優しい女の子。

    汐見サキ
    あまねの同級生。小学校の時に両親が離婚、そのせいでいじめられ中学はひとりぼっち。
    寂しさを埋める様にアプリで知り合った修史に依存していく。

    修史
    アプリで出会ったサキの寂しさに付け込んで快楽堕ちさせる。
    サキの事は肉便器扱いするゲス男。サキが自分無しでは生きられない事を理解して利用している。

    価格

    396(税込)

    360円 (+消費税36円)

  • R18 私、背徳セックスに溺れています。(2)

    サキに頼まれ修史とのセックスを見せられたあまねは翌日、サキに修史との出会いについて聞いてみることにした。

    両親の離婚によりいじめられていたサキは寂しさを埋めるためにアプリで修史に出会い、
    何も知らない未熟なカラダにセックスの快楽を教え込まれたという。

    寂しさにつけ込まれ、修史しかいないと思い込んでいたサキだが、友達になってほしいというあまねに次第に心を開いていく…。

    価格

    396(税込)

    360円 (+消費税36円)

  • R18 私、背徳セックスに溺れています。(3)

    サキと修史のセックスを見せつけられてから一週間が過ぎたころ、あまねは再びサキから呼び出された。
    なんでも、修史が再びサキとのセックスを見て欲しいとのこと。
    しかし翌日集合すると、修史は急用が入ったからまた今度にしようと言い出し、ついでにあまねの連絡先を聞こうとする。
    修史の行動を疑問に思ったサキだったが、結局あまねとの連絡先の交換を許してしまう。

    修史が帰り、予定がなくなってしまった二人であったが、あまねのケータイに修史から一通の連絡が入る。
    そこには、「〇〇ホテルにおいで」という内容が…。

    あまねは自分も急用ができたとサキに伝え、一人足早に修史の待つホテルへと向かうのであった…。

    価格

    396(税込)

    360円 (+消費税36円)

  • R18 私、背徳セックスに溺れています。(4)

    あまねが修史のセフレになって2週間が経過していた。
    翌日はサキと遊ぶ予定があるというあまねに、修史は遠隔操作できるバイブを装着するよう命令する。
    あまねは修史の変態的な命令に嫌々ながらも従い、翌日、極太バイブを膣に挿れたままサキと遊ぶことに。
    いつどこでスイッチが入るかわからない、バレたらどうしようという不安で徐々に感度が上がっていく中、ゲームセンターで突然バイブのスイッチが入り、サキの目の前でイってしまう!
    サキは不自然に震えるあまねの姿に心配するも、「立ち眩みだから…大丈夫…。両替してくるね。」と、その場を離れる。
    あまねの向かった先には、ニヤニヤと状況を愉しんでいる修史の姿が…。

    価格

    396(税込)

    360円 (+消費税36円)

  • R18 私、背徳セックスに溺れています。(5)

    部屋に入ると、そこは濃厚な雌の匂いで充満していた。
    「あっ…見てっ!サキちゃん…一番っ奥で…っ!セーエキ出されてっ、お潮吹いちゃうっ…ところぉっ!!」
    だらしなく舌を出し、完全に蕩けきった表情で修史の肉棒を根元まで咥え込むあまねの淫裂からは白濁した愛液があふれ、奥を突かれるたびに尿道から勢いよく潮を噴いていた。

    ――私、もう修史さんとはもう会わないから。
    あまねと友達になれたことで自分の居場所をみつけたサキは修史との関係を断つと伝えた。
    しかし、すでに修史のセフレとして快楽の虜になっていたあまねは、これでサキに負い目を感じることなく修史を独占できると思い、再び修史とホテルで行為を始めようとする。
    「お●んちんが、挿入らない…?なんで、なんで濡れないの…?」
    「サキからもう会わないって連絡があったよ。残念だけど、あまねちゃんともお別れだね。」
    「なんで…そんなの嫌です!」
    「だって、濡れないんでしょ?君が感じていたのはサキへの“背徳感”からでしょ?」

    試してみる?そういって修史がサキに電話をかけると…。

    背徳感の快楽に溺れるセックス譚、最終話!!

    価格

    396(税込)

    360円 (+消費税36円)

付与コインの内訳

3コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「私、背徳セックスに溺れています。(1)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報