セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です
マンガ作品コイン40%還元キャンペーン
新書・実用・・ゲーム・画集・写真集コイン40%還元フェア

『キニナルブックス(文芸・小説)』の電子書籍一覧

1 ~4件目/全4件

  • ――door to door・・・・ 私って欲張りですか?

    IT企業の貞淑な社長夫人・恵。
    テニスのインストラクターから求婚され、人妻だとは言えなく、
    夜は銀座のママをしていると嘘をつき続け、二重生活を楽しんでいた。

    しかしある日、夫の秘書に二重生活を楽しんでいるところを目撃されてしまい・・・。
    今の生活を離したくない恵が起こした作戦とは…?


    ★冒頭
    九月になるというのに何故こんなに暑いのだろう、と恵は思った。
    もわっとした空気が体を包み込む。
    少し歩いただけで汗が出てくる。

    恵はハンカチで首筋の汗を拭った。
    もう片方の手には買い物袋が下げられている。
    汗を拭ったばかりなのに、次から次へと汗が吹き出し頬を伝い地面を落ちていった。
    今日は第三金曜日。
    夫の陽平と月に一度の約束の日だ。
    早く帰って夕飯の支度をしなくちゃいけない。
    恵は西日の差し込む新宿を足早に去っていった。

    恵は陽平と目黒のマンションに住んでいる。
    結婚してから十年の歳月が経った。
    陽平はIT企業の社長だ。
    家にいることはほとんどないが、恵は不満を感じたことは一度もない。
    そんなことを掲示板に書き込んだら苦情が来ちゃうかもしれない。
    でも本当にそうなのだ。
    お金に困ることはないし、自由な時間も持てている。
    恵は束縛されることに抵抗はない方だが、自由にさせてくれるならそれでいい。

    ただ、セックスの方は月に一度だけだ。
    そう、第三金曜日。

    陽平は何事にもキッチリと決めないと嫌なタイプだ。
    だから月に一回だけと決めたのかもしれない。
    恵はセックスを決まったときにしかしない、ということに疑問を感じるところもあった。
    だが陽平にとってはそういうものなのだ。
    一緒になった人の考え方にとやかく言うのは無意味なことだ。
    結婚するということはそういうことなのだ。

    恵はシャワーを浴び終えると陽平のベッドに入り込んだ。
    陽平は隣で規則正しい息をして仰向けになっている。
    カチッ、カチッ。
    時計の針の音がやけに大きく聞こえる。
    陽平の体が恵の方へと向いた。
    陽平は恵の服をゆっくりと脱がせていく。
    いつもそうだ。
    動作はゆっくりと、でも的確に。
    陽平は服を脱がせると、その手を恵の乳房へと伸ばした・・・・。
    ―――続きは本書で。


    ■目次

    ・一 二つ目のドア

    ・二 愛人

    ・三 ワガママな人

    ・四 思惑

    ・五 誘惑

    ・六 新しい扉

    ■監督 金田敬
    ■主演 夢野まりあ
    ■脚本 箱田森介
    ■ノベライズ著者 なかむらまい
  • あの指の感覚が忘れられないの・・・

    高木みずえは、結婚して八年の主婦。
    夫・晃との体の関係は既になかった。
    ある日、みずえはカルチャーセンターの仲間たちと飲みに行って帰りが遅くなった。
    最終電車に乗り込んだみずえは、シートに座ると眠り込んでしまう。



     駅のホームは最終電車の到着を待つ人間でごった返していた。
     駅員のアナウンスが電車の到着を告げ、車内が人で溢れんばかりになっている電車が、けたたましくホームに滑り込んできた。
     みずえは辟易しながらも、仕方なく社内に乗り込んだ。

     混みいった車内は、冬だというのに蒸し暑ささえ感じさせ、乗客の嫌悪感を増長させる。
     みずえは、電車の窓から通り過ぎる夜の明かりをボンヤリと見ながら、先ほどの理恵の言葉を思い出していた。
    『恋に時めいていた頃か・・・晃だって最近私のこと全然相手にしてくれないし・・・誰かいないかな・・』

     無意識に出会いを求め、みずえは何げなく視線を横にずらす。
     すると、たまたま目があったサラリーマンが愛想笑いを返してきた。
     その笑顔に現実に引き戻されたみずえは、目を逸らし溜息をつく。
    『ありえない・・』

     電車は、みずえの無意識の欲求を嘲笑うかのように、警笛を鳴らしながら夜の町を突き進んだ。
     電車が終着駅に近づくにつれ、あれだけ込み合っていた車内も人がまばらになっていった。
     ようやく座席に座ることができたみずえだったが、アルコールと電車の揺れに心地よい眠りに誘われ、いつの間にか熟睡してしまっていた。
     だが、みずえが寝静まるのを待っていたかのように、隣の席に一人の若い男が移動してきた。
     空席が目立ち、わざわざ他人と肩をすり寄せあう必要など全くないのにも関わらずだ。
     男の目はみずえに釘づけで、まるでみずえが熟睡しているのを確かめているようにも見える。
     男は周りに目を走らせ、こちらに向いている視線がないかを確かめる。
     そしてそれが無いことを確認すると、ゆっくりとみずえの膝に手を伸ばしていく。 
     男の手は、みずえの膝から太ももを撫でるように動く。
     その行動は次第にエスカレートし、男の手は、みずえのスカートの中へ・・・・・。
    ―――続きは本書で。


    ■目次

    ・一 すれ違いと出会い

    ・二 追憶と欲望

    ・三 再会と暴走

    ・四 不倫と隠せぬ想い

    ・五 背徳 終焉

    ・六 再生と思い出

    ■監督 久保寺和人
    ■主演 桂木レイカ
    ■ノベライズ著者 雨澤秀美
  • 劇場版「人妻ナース 三日三晩の恋」のノベライズ
    劇画の画像入り。

    胃潰瘍で入院してきた元彼・田川。
    実はがんで余命3カ月の命だ。
    祥子は田川に何かできないだろうかと考え、ある決意をするが…。


    ★冒頭
    1 ・ ・ ・ 再会
    黄色く染まった銀杏の葉が。ゆらゆらと揺れ、心地よい音色を奏でている。
    どこか切ない香りのする秋風が、開け放たれた病室の窓からするりと入り込み、薄手のカーテンをなびかせすり抜ける。
    「いいのに」
    「いいの、したいの」
    新人看護師の尾崎真美は、ベッドの上に横たわるパジャマ姿の田川悦二に馬乗りになると、その濡れた唇を田川の唇に重ね、ねっとりと舌を絡めた。
    田川は、その動きに合わせつつ、シュブシュブと音をたてて真美の下を吸ってやる。
    「ん ・ ・ ・ 」
    田川の舌使いい真美は濡れた声を漏らした。
    彼の上に重なっている真美は、少し幼さを残すその顔立ちとは裏腹にいかにも男好きのする体つきをしており、スカートを短くしたナース服の上からもそれは一目で見とれるほどだった。
    むしろそれを纏っていることで、より淫靡さが増しているようにも思える。
    真美は唇を離すと、剥き出しになった豊満な乳房を揉みしだかれながら、自ら起用にパンティを下し…
    ―――続きは本書で。


    ■目次


    ・1 再会
    ・2 決心
    ・3 無謀
    ・4 激情
    ・5 願い
    ・6 写真

    ■監督 いまおかしんじ
    ■主演 星野あかり
    ■脚本 いまおかしんじ
    ■ノベライズ著者 星奈
  • 劇場版「O嬢の物語 魔性の楽園」のノベライズ
    劇画の画像入り。

    世界的指揮者の指導を受け、
    身も心も支配された女学生の家の隣に劇団員の男が引っ越してくる。
    指揮者は、女学生と劇団員のセックスする姿を見たいと言って…。


    ★冒頭
     暗闇の中にピエロが二人現れた。
     彼らが踊りながら近づいてくる。
    ――その様子を見ながら桐嶋音葉は彼らの奉仕に期待し、胸が熱くなるのだった
     暗闇の中に立っている自分に次々に抱きつき、衣服を脱がしていくピエロたち。
    音葉の肌がどんどん露わになっていく。
     雪のように白い彼女の肢体が月光に照らされる。
     ピエロたちがその身体を隅々まで愛撫していく。
     音葉の唇から熱い吐息が漏れる。
    ―――続きは本書で。


    ■目次


    ・1 闇夜に舞う者たち
    ・2 新しい男
    ・3 レッスン時間
    ・4 嫉む人々
    ・5 試練
    ・6 罠
    ・7 人形のある部屋
    ・8 対峙
    ・9 夜の奥底へ

    ■監督 片岡修二
    ■主演 まりか(長谷真理香)
    ■脚本 秋本健樹
    ■ノベライズ著者 月澤玲

一般館に書籍が 24 件あります。

移動して表示

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。