セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

72時間限定!新書・実用書コイン50%還元フェア

はじめてのお客さまへ

『佳那伊織、ソフトエロ(文芸・小説)』の電子書籍一覧

1~5件目/全5件

桃色キャビンアテンダント

佳那伊織
イラスト
藤井祐二

110(税込)  

弦一郎はキャビンアテンダントである由紀乃に「制服を着てほしい」と頼んできたが、いつも断られている。どうやら歴代の彼氏から毎回求められることらしい。それでも27歳の愛らしい彼女の仕事着姿を堪能したい。弦一郎は自分の仕事を調整し、由紀乃の旅先と合わせて、とうとう地方のホテルで落ち合うことができた。普段の由紀乃とは違い、制服を着て、手を身体の正面で重ねた立ち姿からは、エレガントなオーラが漂っている。我慢できず弦一郎はディープキスを仕掛けるが、彼女の反応は薄い。真面目な性格ゆえに、制服を着ていると仕事意識が邪魔するようだ。ならばと弦一郎はジャケットのボタンを外そうとするが、不意に別の考えが浮かんで、ボタンを止め直す。そして、スカートを下ろすと、パンストごとショーツも引き下ろした。恥ずかしがる由紀乃をじっくりと視姦する弦一郎。続いて、機内サービス風のウイスキーの口移しに興じた。乱れに乱れた彼女の痴態を見て行動はエスカレート。翌日は飛行機の中で……。

続きを読む

隣家の未亡人

佳那伊織
イラスト
中村成二

110(税込)  

美大教授の大河原は、長年SMコレクションを隠し持っていた。しかし、それを見つけた妻は激怒。仕方なく、厳重に縛ってゴミに出すことを決意した。ゴミ置き場には、隣家に住む未亡人・朝倉里咲子が立っていた。ゴミ泥棒を防ぐために町内で見張り当番をするようになっていたからだ。ラフな装いではあるものの、普段からの淑やかな雰囲気は崩れていない。小柄な身体に反した胸元の隆起が目を惹く。一周忌を済ませて落ち着いたのか、愁いを帯びた瞳には明るさが戻ってきていて、切ったばかりだというショートカットの黒髪がサラサラと揺れていた。後日、彼女が壊れたカーテンレールを直すというので、大河原が手伝うことになった。里咲子の家に入った大河原は、壊れたレールに麻縄が結ばれていることを発見。里咲子がSM好きなことに気づく。詰問すると彼女はすぐに白状。大河原が捨てたSMコレクションの中身を見て、抑えていた欲望が爆発したのだという。いい相手を見つけた大河原は、自分で自分の身体を縛るよう彼女に命令。亡き夫の仏壇の前で……。

続きを読む

幼馴染の家出妻

佳那伊織
イラスト
柳橋マンドレ

110(税込)  

仕事帰りの佐久間比佐志が自宅へ向かっていると、目の前にキャリーケースを手にした女性の人影が見える。それは幼馴染みの山崎麻衣子だった。彼女は3つ年上の33歳。最後に会ってから20年近く経っていた。昔は毎日のように一緒に遊んでいた関係で、比佐志にとって初恋の相手だった。彼女は浮気していた夫に嫌気が差し、家出して比佐志の実家に泊まるつもりだったらしい。しかし、比佐志の両親は湯治に行っていて不在。とはいえ、追い返すわけにも行かず、家に彼女を招き入れた。最初はよそよそしい雰囲気だった2人だが、話すうちに打ち解けていく。麻衣子は少し下がり気味の目元にスッキリとした鼻筋で、唇の左側の小さなほくろが印象的な美人。湯上がりに着たネグリジェは、胸元のボタンがきつそうな程に盛り上がっていた。ビールを飲みながら昔話に花を咲かせていると、麻衣子は酔っ払ってしなだれかかってきた。「おねがい。ひとりに……しないで」比佐志は憧れの彼女の巨乳、そして花弁を舐め回し……。

続きを読む

背徳のときめき

佳那伊織
イラスト
いしいのりえ

110(税込)  

週末の夜、男は満員電車の中にいた。急ブレーキのせいで体勢を崩し、何とか持ち直すと、身体の前面で固定された右腕が何か柔らかいものに触れていた。目の前には、紺色のスーツを着た女性が立っている。ポニーテールの下から覗くワイシャツの襟からの雰囲気や、スーツの肩口の新しさから見ると、就活生か新入社員らしい。赤い縁のメガネで、真面目で大人しそうな顔立ちだった。男は腕を抜こうとするが、カーブに入ったところで咄嗟に彼女の尻を掴んでしまう。マズいことになったと思いながらも、ふいに高揚感に襲われた。そして、痴漢行為はエスカレート。生地越しに尻を撫で回し、ファスナーを下げると、下着に手を入れる。ここで次の駅のアナウンスが聞こえてきたので、慌ててファスナーを戻した。駅に着くと、彼女は先に電車を降りていく。ホッとした男も改札へ向かうが、そこで先ほど弄んだ彼女にシャツを掴まれた。「北原寛治先生ですよね。今でも古典と世界史の兼任なんですか?」。正体を言い当てられてしまった男は……。

続きを読む

濡れ潤む兄嫁

佳那伊織
イラスト
いしいのりえ

110(税込)  

浪人生の友次は勉強に集中するため、兄夫婦の家に居候することになった。兄の嫁・佳奈恵は3年前までグラビアアイドルをしていた専業主婦。今日もGカップの巨乳は目立っていて、麦わら帽子に白いワンピースという地味な格好でも周りの注目を集めていた。そんな彼女と一緒に歩いていると、突然のゲリラ豪雨に襲われ、びしょ濡れになってしまう。佳奈恵のワンピースから下着のラインがクッキリと透けていて、友次は目を奪われた。なんとか家に帰ると、兄嫁は一緒にお風呂に入ろうと言い始める。ドギマギしながら、後から浴室に入ると、すっぴんでも美しい兄嫁は背中を流すと提案してきた。そして、タオルで隠れた友次の肉棒にも手を伸ばしてくる。兄とのセックスレスで自信をなくしている様子の佳奈恵。我慢できない友次も応じて、彼女の体を夢中で愛撫する。「おねがい、もっと、もっと乱暴にしてぇぇーーーっ」。欲望丸出しの兄嫁をバックから突きまくり……。

続きを読む

1~5件目/全5件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです