セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

『摩耶夕湖、雑誌を除く(アダルトマンガ)』の電子書籍一覧

1 ~60件目/全103件

  • 淫靡な女たちの激動人生を描く!
    ※この作品は「まんがグリム童話 闇に堕ちた性奴隷」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • スペイン王カルロス4世の妃で、王容認で愛人ゴドイとの不倫にふけったマリア・ルイサの享楽の日々を描く!
    ※この作品は「売国奴売春婦と呼ばれて ~RAAの女たち~」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 「あたいを思う存分なぶって犯してェ!」
    淫らに身をくねらせ男を誘惑する女の正体は、姪を男たちに殺された叔母!
    淫靡な復讐が今始まる!
    「私が必ず仇を取ってあげる!!」
    静かに燃える、女たちの復讐の炎!!
    ※この作品は「まんがグリム童話 淫らな女復讐鬼」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • 「田舎娘のおまえに、10万ルピーもの大金を払ったんだ。それを返すまで体を売ってもらうよ!」
    カーペット工場で働くよりも稼げると騙され、闇から闇へ売られる娘たちの血と涙の売春史。
    ※この作品は「まんがグリム童話 闇に堕ちた性奴隷」に収録されております。重複購入にご注意下さい。
  • ママには内緒で“パパ”とお風呂で、トイレで――♡

    ママの再婚相手は、私の幼なじみの文也お兄ちゃん。子供の頃からずっと好きだったのに、こんなことってないよ! ふたりの喘ぎ声を聞きながらオナニーするしかないなんて……残酷すぎるよぉ……。

    ママが出張で家を開けた日、私は男を誘惑する“魔女”になった。お願い、お兄ちゃん。私を抱いて!

    義理の父親との夢のような、しかし禁断の契り。朝も昼も夜も、私たちはもう戻れない――。
  • 愛した男は〝父〟を殺した医者の息子だった——

    まだ私が幼い頃、突然父が亡くなった…。
    悲しみにくれているとき、担当だった看護師が密かに打ち明けてくれた。
    「これは…事故です。院長先生の医療ミス…」
    父は———医者に殺されたのだ!

    父の死で、遺された私と母は極貧の底を彷徨った。
    いくつものパートをかけもちし、必至に私を育ててくれた母。
    私も看護学校で勉強しながら、夜はアルバイト。
    看護師になりたい! 父のような医療事故を繰り返させないように…
    その一念だけが支えだった。

    そんな私にも愛する人ができた♬
    開業医の息子で、内科医の橘香一さん。
    マジメなお坊ちゃん先生は、女にも不慣れでSEXも淡泊。
    私の方が年下のなのにいつもリードしてあげてる♡

    「結婚———しよう」

    突然な彼からのプロポーズ。本当に嬉しかった。
    でも、あなたが、私の父を殺した医者の息子だったなんて———。
    父の仇の息子に肉体を求められる背徳の関係…。

    でもアナタに触れられると、拒めない……。
  • 掃除して、洗濯して、買い物に行って……
    今日も明日もあさっても、同じことのくりかえし——。

    お見合い好きな上司のすすめで、なんとなく結婚して10年——。
    夫なんて もう何年も私を抱いてくれない。女として見てくれない……。
    私も学生の頃は、髪もロングでいかにも女のコって感じだったのに。

    ある日、親友が高校の同窓会に出席してほしいとやってきた。
    私は、高校を卒業してから一度も出席したことない。今さら——。

    「今度の同窓会、彼ね——来るよ♪」

    え!?
    初めて私が本気で恋した男性——
    卒業式の日に告白した本木慶喜くん…?
    彼はアメリカへ海外留学。そして、それっきり——。
    私の青春はあの日から止まったまま……。

    一晩だけだけでも彼に会える!
  • こんなトコロで!? ダメよ♪ でも、やめないでェ〜♡

    結婚して5年。子供が生まれてからは、夫は私を女とみてくれない。
    もうすっかり子供のママ…。

    久しぶりに子供たちと一緒に遊園地に出かけるから
    気合いを入れてお化粧していれば
    「いい年したおバサンが今さら化粧もねぇだろ!?」
    なんて言われるし、ホントにあったまきちゃうわ!!

    こうなったら遊園地を楽しんじゃえ! と思ったら
    絶叫マシーン系は苦手なのよね。
    でも子供用だからと高をくくってたら、まさかお漏らししちゃうなんて……
    今日は一日ノーパンで過ごすしかないわ……

    そんなおかしなシチュエーションに
    夜の生活もすっかりごぶさただった夫が大興奮♪

    ゴンドラやお化け屋敷、観覧車でラブラブ♡S○X♪

    満面の笑顔で遊ぶ子供たちの真上で
    こんないやらしいことことしててごめんねェ♡
  • 安定した未来を求めていたのに、身体はスリルを求めていた——

    私は平凡なサラリーマンを選び「安定した生活」を手に入れた。
    夫の出世のためなら、新年早々の上司詣も晴れ着でポイントアップ♪

    しかし、そこにいたのは元同僚で、私の初めてのオトコ・権藤一志。
    OLになって初めて見た大人のオトコ。ちょっと不良じみた危険な魅力に
    ウブだった私は惹かれた。
    でも、権藤はギャンブルに給料をすべてつぎこむ…
    まるで生活力のない彼とは別れてしまった。

    でも、誰も彼と付き合っていたことは知られていない。
    絶対にばれないようにしなくちゃ——

    「えッ!? 何をしているの? 隣に夫がいるのに…」
    こたつの中で彼の足が私のアソコに!!!
    器用に動く彼の足はまるで巨大な……
    「皆がいるのにィッ いっちゃううう…」

    SEXさえも平凡な夫。
    SMだってアナルだってシテほしい……

    私、悪魔の誘惑には耐えられないかも♥
  • 中堅看護師のストレス解消はやっぱり

    看護師の業務に毎日追われてストレスは溜まる一方……。
    「若い頃は合コンに繰り出す! なんて元気もあったけど、結婚してからはそんなこともできないわ」
    溜まった疲れを癒すならやっぱりマッサージよね。
    たまたま見つけた整体院はイケメン先生♪

    先生の私にふれる優しい指先が、疲れをほぐすだけでなくいつしか私を淫らにしてしまう……。
  • 愛した夫の葬儀の夜に義父が私に襲いかかる――

    三年越しの大恋愛の末、結ばれたのに、新婚二カ月で彼は逝ってしまった…。
    突然の事故――。

    「どうして…、私を一人残して…」
    祭壇の前で茫然自失となった私に
    「あんたにはちゃあんと秋山家の血を受け継いでもうらうよ」
    と、お義父さまが――。

    たった一人の息子を亡くし、足が不自由な義父の面倒を見る義娘とカモフラージュして、それからは私を弄び、辱める……。

    夫にも触れさせたことのないア○ルまで凌辱され、さらには見知らぬ男たちにまで――。

    もう愛する夫の感触さえも思いだせない……。
  • 故郷の男とのセックスは幸せ心地。こんなに優しくて、愛しくて――。

    博多から上京した私は、悪い男にあっさり騙され、風俗に落とされた。風俗とも男とも離れることはできたが、私の心と体には傷が残った……。故郷になんて、帰れるわけがない。

    ある日、バイト先の中華料理屋に変な男が来るようになる。やけになれなれしくて……。きっと私をだまそうとしているのね!? でも違った。彼もまた“東京”に疲れた博多の人だったのだ。

    孤独な男と女は結ばれる。男性にこんなに奉仕されるのは初めて! アポの穴(肛門)まで優しく愛撫されて……。

    「気持ちよかぁ♡ めめしゃんトロける♡」

    この男からは故郷の匂いがする。
  • 教官よりも先にイッってしまったら再教習!?
    大好きな教官に嫌われたくなくて、真夜中の教習を希望した——

    真っ赤なスポーツカーでドライブを夢見ていただけのに……

    春休みに一念発起して、自動車教習所に通い始めた私。
    だけど、信号発信のたびにエンストしたり、仮免に4回も落ちるなんて我ながらセンスがないのかも…

    でも、この教習所にはメガネっ男のイケメンの教官がいるの♪
    教習所で1番の鬼教官としてみんなからは恐れられているけど
    怒られているとまるでソフトSMみたいでゾクゾクしちゃう♪
    もっといじめて欲しいなって思う私ってちょっとマゾかも…

    そんなことを考えながら教習を受けていたら大好きな教官から見放されてしまうほどの大失態を犯してしまった!!!

    「もう二度とお前の担当なんぞお断りだ!!」

    そんなこと言わないで! 何でもしますからァ〜

    ドS教官とドM生徒の真夜中のプライベート路上教習がスタート♪
  • 結婚して3年目。記念に念願の沖縄へバカンスにやってきた。
    むせかえるような南国の原色の花、どこからか聞こえてくる三弦の音——

    マンネリ気味だった夫婦の営みも、まるで若い頃にもどったように
    昼間から私たちは泳ぐのも忘れ、貪欲に身体を求めあった。

    でも、昼間で体力を使い果たした夫はすぐに酔いつぶれてしまう。
    「夜はこれからなのに!!」
    退屈しのぎにひとり夜のビーチを散策することに……

    そこで出会ったのは若いホテルの従業員3人。
    若い男の子に話しかけられ、思わずはしゃいでしまう♪
    まさか3人から——
    「いや、やめて… 私は人妻なのよ——」
  • 会社の資材室でいきなり挿入するなんて——

    私の彼は同じ会社のひとつ年上。
    この人こそ…と大切に守ってきた処女を捧げた初めての男。
    でも、憧れていた恋人同士のSEXとはかけ離れていた。
    ろくに濡れてもいないアソコにいきなり!!!
    初体験なのに死にそうな痛みにうめくしかなかった…。

    そして女になったばかりの身体を彼は獣のように
    いつでもどこでも、会社の中でさえ求めてきた。
    「ほらッ! ほらッ! 気持ちいいだろ。イケよ、ホラッ!!」
    乱暴に突き上げられても、それは残酷な拷問にすぎないのよ。
    女の身体のことちっともわかっていない!!!

    そう、別れを決心したとき——
    彼が泣きながら
    「お前と初めての夜、オレも童貞だったんだ。ただひたすらち○ぽを出し入れすればいいと…。オレにもう一度チャンスをくれ……」
  • 12星座ラブストーリー“獅子座の女”

    私は宮部里佳。フリーのTVプロデューサー
    女子高時代の親友たちとハワイにバカンスにやってきたの。
    といっても、私は仕事がらみ…

    でも、ハワイは7年ぶり♫
    私の尊敬する師であり、かけがえのない恋人だった男性——村上力也。
    まだ男性経験の少なかった少女の私を
    毎晩、新鮮で強烈な刺激で“大人の女”に開発してくれたわ。

    まさか彼と再会できるなんて…

    上手くいかない“仕事”と“恋愛”。いったい私はどうしたらいいの?
    誰か私を導いて!!!
  • 家計を助けるためのパート先のスーパーが凌辱の舞台に!!

    不況がつづき、夫のボーナスもカット……
    家や車のローンや息子のための教育費など、重なる出費をなんとかパートのお給料で埋めている。
    正直、しんどいけど私たち家族の幸せのためにも頑張らなきゃ!
    と思っていた矢先、パート先のスーパーマーケットにも不況の波が押し寄せてきたわ。

    本店から派遣されてきた新店長の長崎さんは、大幅なリストラを断行するという。
    ここで、もし私がリストラされたら、私たち破滅だわ━━

    いつもサボったり、無断欠勤したりするレジ係の沢田さん…。クビにならないのは店長の愛人だからと噂を裏付けるように、さっそく新店長に色仕掛けで乗り換える姿を目撃!
    ふたりの激しい様子を見ていたら、私もなんだか、ついついアソコに……♪

    「隠れていないで出てきたらどうだ」

    えっ! のぞき見しているのがばれるなんて……!
    「パートをクビになってもいいのかね?」

    これも生活のため…
    ゆるして、あな…たァ……
  • スポーツマン風の大学生マッサージ師が取り出したのは……“肥後ずいき”!?

    家庭を忘れてリラックスするため温泉旅行に来た私。でもやっぱり家族のことが気になっちゃって……。
    せめて出張マッサージでも頼んでみるか。そしたらやってきたのはイケメン大学生!?

    「これがここの温泉流のマッサージなんですよ♪」

    マッサージっておっぱいやアソコを触るものかしら? あ、でもなんだかとろけちゃう……。
    体は女の悦びに飢えていた。私はマッサージの“特別コース”を受けることにした……。
  • レディコミみたいにシテみたい!

    夫はマジメで潔癖症。友達同士でのわい談すら本気で怒る人。
    夫婦の夜の営みは、キスから始まりいつも決まったコース。
    クンニをする時間もいつも同じ。教科書通りの正しく健全なS○X——。

    “もっと激しく責めてほしい!” “ア○ルだって舐めてほしい!”
    そんなこと言ったら軽蔑される。
    レディコミみたいになんて——。

    結婚して1年……。いつもお互い気がねして本気でケンカしたこともない。
    私たちは“仮面夫婦”。

    その仮面を剥がしたのは、階下に住んでいるガラの悪い高校生。
    まさか彼らに襲われて夫婦の仮面を引き裂かれるなんて……。
  • 子どもの運動会の後は「おとなの運動会」?

    幼稚園の運動会なら、親はカメラ片手に大声援! のはずが
    私はPTAの役員で準備やら進行やらで応援どころじゃない!

    コレというのもおデブの夫が
    ゴロゴロ家で寝るだけの無責任パパだから…
    でも、人前で無様に転ぶ運動不足のパパよりはましかも♫

    そんな中でも、さっそうと走り抜けるパパさんはかっこいい♥
    まさか運動会の片付けを手伝ってくれるなんて♪

    夜の闇が迫る暗い用具倉庫に、余所のご主人と二人きり…
    まさか夫以外の男性にあんな所まで触られるなんて——
    子育てに必死で忘れていた〝女〟を取り戻した気分…

    今だけはいやらしい女でいさせて…♥
  • 我が娘のためならどんなことにも耐えられるわ♪

    有名私立小学校へのお受験なんて別世界だと思っていたら
    幼稚園のママ友たちは「当たり前よ! 目指さない家庭はないわ!」というから
    有名進学塾を見学してみることに。

    そこに現れたのは絵に描いたような〝イケメン塾講師〟。
    さらに愛娘の模擬テスト結果も上々! イケメン先生から100%合格のお墨付き♪
    まさかの上流階級へのプラチナチケットをゲット!

    しかし、そんな考えは甘かった。
    合格するためには多額の寄付金が必要だなんて…
    さんざん夢をみさせて絶望のドン底へ。

    そして絶望から這い上がるための一縷の望みとして
    イケメン先生が要求したのは「私のカラダ」

    娘のためだもの私が身を捧げれば……と
    我慢していたつもりが、いつしか快楽を貪る自分にふと気づいてしまう……
  • 最近、愛読しているレディコミのアナルSEXにすっごくそそられる——。
    それというのも、4年ほど付き合っている彼とは、すでに最初の頃のような新鮮な興奮がないからだ……。

    バレンタインのチョコをプレゼントしても「甘いのは苦手!」って受け取ってさえくれない上に、お出かけしてディナーに連れて行ってくれるどころか、いっつもアパートでセックスするだけ……。

    そのセックスも、テキトーな上に手順も毎回同じで自分勝手。腰さえ振ってれば悦んでいると思ってる。はっきり言って、もううんざり!
    せめて、アナルを舐めてくれる思いやりがあったら——。

    「もうダメかも私たち」と思っていたら、ホワイトデーに奇跡のプレゼント♡♡♡

    まさか彼にレディコミが見つかってたなんて♬
    いままでとはひと味違う天国のような快楽にひたれるなんて……。
  • 彼と出会って私の内の何かが目醒めた——

    「今日も遅くなる——」
    仕事だなんてウソ…。きっと若い愛人の所。気付いてないと思ってるの!?
    結婚して5年、夫にとって妻とは家事をするためだけの家政婦にすぎない。

    愛人の方にご執心なのか性生活もこの3年間。肌にすら触れてくれない……。
    せめて子供でもいたら…。
    母でも、妻でも、女ですらない、私って何なの?

    そんなとき、夫の仕事の関係で、東南アジアの大手企業の重役の息子がホームステイすることに。
    かすかに甘い——、南国のお香の匂いがすてきなきりっとした好青年。

    こんなに異性にドキドキしたのは何年ぶりだろう。
    まるで少女時代のような——まさか、恋?
    ダメよダメ!! でも身体が疼いて……
  • 故郷で受けた〝凌辱〟の記憶を消してくれたのは……

    私の故郷は、日に数本しかバスの通わない山間の小さな村。
    高校へ通学するにもちょっと遅くなると帰宅するのは夜になってしまう。
    18歳だった私は、ひとり街灯もない真っ暗な道を歩いて行く。
    通い慣れた通学路だったのに……。突然現れた二人の男に——。
    酒臭い息を吐く獣のようにギラついた男たちが
    清らかだった私の身体を舐め回す……。私の叫び声はむなしく山に消えていった。
  • 悪戯したつもりがいつのまにか逆調教!

    私は30代の主婦。優しい夫と高校生の娘と仲良く毎日を過ごしている。
    生活のためにと始めたパートは近所のスーパーマーケット。
    同僚はご近所の気心のしれた主婦たちだからまるで町内会のノリで
    それなりに楽しく働いていた。

    そんな時に、イケメン新入社員が研修で配属された。
    さっそくパートの主婦が彼のために歓迎会を開催。
    百戦錬磨のおばさまたちに彼は陵辱され
    ついつい私も悪ノリしたのが運の尽き……

    誰もいない昼間の我が家で彼に逆襲されるなんて……
  • 私が本当に愛しているのは〝夫〟ではありません……

    私は幼い頃に父を亡くし、母が女手ひとつで育てられた。母は再婚するチャンスだってあったはずなのに、それこそ靴がボロボロになるほど働いて私を大学にまでいれさせてくれた。本当に心から感謝している。

    そんな母は「いつまでもフリーターやってないで、早く結婚して安心させてよネ!」と皮肉まじりに、私に言う——。

    結婚——。

    付き合っている彼は、もちろん好きだし、プロポーズもされている。
    私…、本当にこの人でいいの? この男性が私の運命の人なの…?

    流されるように彼のお父様に挨拶に行くことになった。
    そう、そこで私たちは出会ってしまったの——。
    まさに魂を抜かれるような衝撃…! 私は一瞬で彼の父親に魅せられてしまった!
    私が本当に求めていたのは、彼のお父様だったんだ!!

    神様——。これは罪なのですか?
    血が繋がっているわけでもない男と女が、ただ純粋に求め合うことが……。
    ほんの少し、出会った時が遅かっただけなのに——。
  • ハウスクリーニング先の旦那様と♪

    寂しさに焦れていた女体が今、悦びを思い出す!
    ハウスクリーニングのパートを始めた人妻の私。今日のお宅は奥さんに捨てられてしまったちょいワルダンディ。お互い生活の寂しさを共感しあううちに――。

    知り合ったばかりの人にアソコを舐められている。
    そして「セックスさせてくれる清掃婦」の噂はたちまち広がっていった――。
  • 正社員になれるなら一肌脱ぐのだっていとわないわっ!

    大学を無事に卒業したものの、就職難のこのご時世
    正社員なんて夢のまた夢…
    結局、人材派遣に登録してやっと大手の商社に派遣社員として潜り込めた…。

    でも、派遣社員は体のいい使い捨ての〝雑用係〟
    正社員のようにボーナスもなければ、有給もない。ましてや将来の保障なんかありゃしない。その上、男性社員からは恋愛の対象外——。

    そんなある日、盛りに盛ったプロフィールのおかげで
    上得意先のアメリカ企業の専務の接待役としてのご指名が!?
    でも、英検も華道も茶道も…って嘘っぱち!!
    「は 早く断らなきゃ〜〜!!」

    「成功したら、君を秘書課の正社員に抜擢しよう」
    という部長の甘い言葉に乗せられて、思わず
    「や、やります!」

    接待相手はイケメンのアメリカ人!
    それにしてもボディタッチが激しいわ、これってお国柄?
    なんだか恋人同士みたい……

    言葉なんてわからないけど、正社員のためだもの! 頑張るわ!!
    「えっ!? 何それ? 肥後ずいき?」
    洗濯機のホースのようなペ●スに使われたら、私こわれちゃうぅぅぅ〜
  • 旧姓で書かれた1通の案内状が〝女〟を甦らせてくれた——

    毎日の家事と育児に追われて無為に毎日が過ぎていく……。
    結婚して5年。手にはあかぎれができて、もうすっかり主婦の手になってしまった。
    そういえば夫婦の営みも……。子供を産んだ妻なんて、夫から見ればもはや〝女〟じゃないんだわ——。

    そんな時、自分でも忘れかけていた旧姓で書かれた
    高校の同窓会への案内状が届いた。

    「そう。あの頃の私は輝いていたわ。もう一度、あの時代に戻りたい…」

    10年ぶりの故郷。なつかしい顔ぶれ。心が軽くなる♪
    そして…そこで再会したのは……〝初めての男〟——。

    屋上で、放課後の教室で、毎日獣のように私の身体を貪った彼。 そして突然、何の言葉も残さずに故郷を出て行った男との再会。

    私は〝主婦〟から〝一人の女〟に戻ってしまったの……。
    それは私に現実を忘れさせ、淫靡な肉欲に溺れるひとときだった……。
  • 清廉潔白な憧れの先生の本当の顔は……

    大学で政治経済を学ぶ私。生の政治を体験しようと
    第一与党の愛民党の若きホープである先生のウグイス嬢を務めることに。

    選挙の現場は、酒食をたかる老人会や権謀術数を尽くす他の候補者が跋扈する。
    そんな中でも毅然として正義を貫く先生への憧れは強くなっていく——

    とある日、元幹事長の娘である先生の奥様が
    「二代続いた代議士の血脈を絶やさないで!」と叱責する。
    先生はあんなに頑張っているのにッ! なんなの!

    そんな時に先生からホテルへのお誘いが……
    「私が先生を癒してア・ゲ・ル」

    それ以来、選挙カーの中でも先生の指が私のアソコに!!!
  • 江戸時代、実際に繰り広げられた凄惨な女の戦い

    たったひとりの男〝将軍〟に愛されるためだけに
    日本中から選りすぐられた三千人の女たち……。

    そこに在るのは、美貌と謀略——。
    羨望、嫉妬、猜疑。女の——もっとも醜い顔と美しい顔。
    250年にわたり、繰り広げられた女たちの争いの物語。
    そこはまさに外の世界から完全に隔絶された〝女の牢獄〟だった——。
  • 私の恋人は、勤務先の写真店の店長
    ちょっと優柔不断だけど優しいから大好き♪
    でも、最近はマンネリ気味で、SEXもおざなり……
    私はもう欲求不満でバクハツしそう!!!

    そんな時、写真店に勤めているとたま〜にあるお客さんのエロ画像。
    常連のお客さんが持ち込む画像は、
    下着姿のものだったのが全裸に…、そしてついにはハメ撮り写真まで!

    ホントは行けないけど、ナイショで焼き増しして
    夜のオカズにお持ち帰り♫

    今度はどんなに過激な写真かと、心待ちにしているの♪
    「えッ!? これって私?」
    まさかあのお客さんはストーカーなの!?

    ——持ち込まれた画像の中に、自分の写真が! 常連客の正体はいったい誰?
  • これが中年の責め方!? ねちっこくていやらしくて優しい――。

    私には年下の現役大学生で超美形の恋人がいるの。でも彼とのHはなんだか辛い。お金を無心された後の強姦のようなセックスばかりで……。

    一方、バツイチ課長は癒し系。上司である彼のさりげない気配りは私を安心させてくれる。こんな人が恋人だったらなぁ……。

    恋人との付き合いに嫌気がさし、ついに私は課長と結ばれた。課長のHは未知の快楽の連続だった。じらして、じらして、恥ずかしい言葉を言わされて、お尻の穴まで……。

    舌だけで3回もイカされたのなんて初めて。若くて美形ってだけのバカ男なんか問題外! オジサマこそ究極の癒し系だわ♪
  • 結婚してから5年、交際中も含めて7年。
    さすがに同じ体に飽きたということなのか……。夫とのセックスは完全にマンネリになっている。
    でも、夫なりに気を使ってくれたってことなのかな? 

    ある日、夫婦同伴でのゴージャスなカクテルパーティーに誘ってくれた。だけどそのパーティーは、獣たちの肉欲の宴だった!
    男も女も入り乱れて、皆がパートナー以外の相手と絡み合う……。
    始めは戸惑っていた私も、夫じゃない男の体、初体験のテクニックに溺れていく。
    あっ、夫も私以外の女と……! 
    あの夜以来、夫とは新鮮な気分でセックスできるの♪
  • 裸で踊る二人の官能的なワルツ…

    幼い頃——
    おとぎ話や外国映画のダンスシーンに憧れた。
    王子様が私の手をとりエスコートしてくれる——。

    一度はあきらめたユメだけど、大人になった今、ようやくユメを叶えることができるのよ♪ 憧れのダンススクールに通うのよ♪

    どうせならイケメンの先生に教えて貰おう——と考えるのはみんな同じ。
    TVや雑誌で売れっ子のプロダンサーのいする教室に決めた!
    でも、私にはムリかも…。やっぱりダンスなんて……。

    そんな時、忘れ物を取りに行った教室で目撃したのは
    熱心に稽古する元プロダンサーの安藤! 普段はアルコール漬けで最低な男!!
    「見たな……。タダで帰れると思うなよ…」

    いやっ! 犯されるッ——!!
  • 年下部下にされる屈辱のア○ル調教

    私は主任としてバリバリ働くキャリアOL。
    仕事だけでなく、もちろんH生活も♪
    入社したての新人をつまみ食いしちゃって
    私が率いる課のお荷物社員と付き合っているの♪

    年下で何でもワガママ聞いてくれるから理想の相手だけど
    もうそろそろ結婚を考えるとちょっと物足りないわ…
    ここらが潮時かも……

    そんな事を考えていたら
    彼が大変身!!!!

    「肛門の快楽に目覚めると 男も女も従順になる」って
    いきなり私のア○ルを犯すの……

    それ以来、ホテルだけでなく会社でも私のお尻を…
  • リストラを免れるため部長に体を差し出した。部長の“会社忠誠棒”で激しく突かれたあの日、私の運命は変わった。

    その後届いた謎のメール。

    「私はあなたの祕密を知っている。バラされたくなければ今夜、以下の場所へ来い」

    なんでバレたの!? おそるおそるオフィスの指定された場所で待ち受けていたのは、冷たい瞳のクールな眼鏡イケメン。彼に私は縛り上げられ――。

    いつのまにか私の存在は男性社員の間で、「メールで“あの文面”を打ち込めば必ず現れる謎の美女」といううわさになっていたらしい。

    冗談じゃないわよ!

    でもスポーツマンタイプの童貞クンの筆おろしもできたし……、このポジションも悪くないかも♪
  • 家庭教師の個人授業(プライベートレッスン)には、愛と憎しみが隠れていた。恋に囚われたお嬢様の運命は?

    大財閥の娘である私には、父に決められた許嫁がいる。でも本当に愛しているのは、専属家庭教師の北条先生、あなたなんです……♪

    勇気を出して思いを打ち明け、初めての恋が成就する喜びに震える身体。先生に全身を開発され、アナルまで…。先生と教え子じゃない。私たちは、ただの男と女。

    でもこの恋は許されないものだった。父親は怒り、許嫁は私を無理やり孕ませようとする! 助けて、先生!

    おとぎ話の王子様のように現れて、私を救ってくれた先生。でも彼の悲しい正体とは――?
    ま……まさかあなたは私の……!
  • 興味がないわけじゃないの…、むしろ人一倍……

    私は会社で「BFもひとりもいない、暗ーいパソコンオタク」と呼ばれている。
    でも本当は……

    毎晩、バイブを使ったオ●ニー、ひとりSMと
    変態じみた性癖をもっているなんて誰にも言えない。

    それは暇つぶしのネットサーフィンで見つけたサイトにはまってしまったからなの…
    本格的なSMのシチュエーションにとてつもなく興奮して
    私はそのサイトの管理人に
    「過激なプレイを教えて下さい」
    とメールを送っていた——

    待ち合わせ場所に現れたのは、清廉そうな若い紳士。
    その見た目とは裏腹に、緊縛・浣腸・露出プレイに放置プレイ…
    本格的なハード調教の餌食となった……

    もうあの人からは離れられない
    肉●隷となってしまったの……
  • 愛する彼と最後の一線を越えられない理由は、私のアソコにあった!?

    恋人はもう何年もいない。でも男嫌いなわけじゃない。誰かに抱かれたくて夜な夜な自分で自分を慰めている。そんな私に舞い込んできたお見合い話! 断るつもりだったけど、相手は超イケメンで……。ついOKしちゃった♡

    でも彼と結ばれるためには私自身のトラウマを克服しなくちゃいけない。忘れもしない初体験のとき。私のアソコを舐めた男の言葉は……。

    でもずっと恋人を焦らすこともできないよね。勇気を出して告白しなきゃ!

    「私……アソコが臭いの!!」

    恋人は確かめるように私の股間に鼻を寄せた――。そして彼が言った言葉とは?
  • 私だって誰かに甘えたいのよ♡

    総合職OLとして必死に働き続けて
    美貌と実力を兼ね備えた〝女王さま〟と呼ばれるまでになったわ。

    でも、気づけばもう三十路……
    同期のOLたちはみーんな結婚退社。

    これまで重役、役員、取引先の社長など10人近くと付き合ってきたけど
    なぜか私に言い寄ってくる男たちは「マザコンでマゾの変態」ばかり…
    ほんとうに男運がないわ… イライラが募るばかりよ!

    若いOLたちにチヤホヤされてる3年目の若僧に
    八つ当たりもしたくなるわよ!!

    でも、まさかあの子が私のミスをフォローしてくれるなんて…

    一晩だけのつもりだったのに、命令されるとイヤとは言えない私のM体質を見抜いて
    仕事中にもかかわらず、会議室でのS○Xはもちろんのことリモートバイブを着けて会議に出ろなんて……

    地獄の苦しみと天国の快楽を与えてくれるあの子に
    私、一生飼われちゃうんだ♡
  • ダーティーヒーローにあこがれ破滅へと向かう……

    偶然に見かけたあの人の顔。その瞬間——胸の奥深くで何かが小さく破裂した……。

    私が新入社員だった5年前。新人OLと第一線の営業マン。熾烈なビジネスの世界で華麗に舞うクールなダーティーヒーロー……。そんな彼が顧客の資金を無断で運用し、巨額の損失を出したことが発覚。即日、懲戒免職され横領の罪で告訴された……。
    あれから5年……。忘れられたアイドルのように私の記憶からは消えていた。

    そうあの日まで……。

    その日からは、一流企業のサラリーマンの彼とのセックスもおざなりに……。
    「いいの!? 平凡な男に女としての一生を捧げてしまっても……」

    いっそ何かも壊してやり直したい!!

    日増しに強くなる焦燥感——。
    かつてのダーティーヒーローが変わり果てた姿となっている公園に向かっていた——。
  • 憧れの〝マイホーム〟のためならこの身も捧げます…

    結婚5年目、やっと手に入れたマイホーム。
    順風満帆な結婚生活に大満足♪

    子供ももう幼稚園だし、姑さんも近所だから預けられる! 二人分の収入を見込んでマイホームを購入したんだから
    私も再就職して住宅ローンを返済しなきゃ——。夫の勤め先で再就職できるなんてラッキーだわ!
    でも、はめじての営業なんてできるかしら……

    いやな予感は的中! コネもテクニックもない主婦が契約を取るなど不可能。
    営業成績は惨憺たるものだった。
    入社から3ヵ月後、ついに人事部部長に呼び出されると……。
    「営業の大ベテランだっていうから採用したのに、これじゃあ人事部の面目丸つぶれだ! まさに給料ドロボーだな! ご主人にも責任を取ってもらってリストラするか?」
    「お願いします! それだけは……。主人までクビになったら私たち生きていけません——!」
    「困るんだろう? 夫婦そろってクビになったら。営業のイロハを教えてやるよ。女には女のやり方があるってね」

    夫のリストラをチラつかせ、私の体を陵辱する人事部長……。
    そして営業成績を上げるために契約を回してくれる社員の見返りにも……。

    「耐えるのよ——。私たちの幸せがかかっているのだから……」
  • 愛する家族のため私は肛門まで犯された――。

    夫の部下の“草壁さん”は柔らかな物腰が魅力のイケメン。彼の甘い声を思って、私、一度だけオナニーしちゃったんです。

    それから突然昼間にやってきた草壁さんは、夫が会社の金を横領していると私を脅迫してきて――。優しそうで上品な雰囲気なんて嘘だったのね! 彼の本性は鬼畜そのもの。ケダモノからマイホームを守らなくては。私は服を脱いだ。

    激しい屈辱感と味わったことのない快感に震える体。なにも考えられなくなっていく――。そして私は完全に“堕ちた”。
  • 「私たちの肉奴隷になれば、あなたのダンナ様を出世させてアゲル」――

    新婚早々夫の転勤で引っ越してきた社宅。隣人の支店長夫妻はとてもいい人たちだと思っていたのに、実はとんでもないケダモノだった! でも、夫の出世を考えると拒否することはできない。私は言われるままに彼らのオモチャになった。支店長は性欲が高まると、夫を出張へやり、私たち夫婦の家へとやってくる。何度もおマ○コを突き上げられ、支店長夫人にはお尻の穴まで愛撫され……。あなた、許して! もうマトモなSEXじゃイケなくなっちゃった!
  • お腹はぷよぷよ、セックスもすぐ疲れちゃう、アソコの締りも悪くなった主婦の私は、夫から「女失格!!」とののしられてしまった。今に見てなさいよ!! ……なんてスポーツジムに入会したのはいいけど、全然体が動かない! 落ち込む私をイケメンインストラクターが個人トレーニングに誘ってくれた――。

    でも、あの、これって健全なストレッチですよね? 彼の手はキワドいところも遠慮なくまさぐり、私もどんどんその気に……。とうとう膣内まで“ストレッチ”されちゃった!

    プライベートレッスンのおかげでスリムになったし、体力もついたし、アソコもキツキツに♡ ストレッチって最高ね!
  • もう捨てられるのはイヤ… なんでもするからぁぁぁ

    私の彼氏は、ビジュアル系ロックバンドのボーカルのレイジ♥
    友だちに誘われて行った小さなライブで一目惚れしちゃったの♪

    華やかなステージのレイジもいいけど、ライブ以外では貧乏な彼の姿に母性本能をわしづかみされたのよ。食事をおごってあげたのがはじまり…。

    思えば、今までロクな彼氏がいなかったわ。
    友だちからは〝ダメんズ〟と揶揄されていたのよ。
    何の取り柄もない平凡なOL。しかも年上…。でもレイジは私のことをたっぷり愛してくれてるの♥ やっと本当の愛を手に入れたわ——。

    でも、お金の切れ目が縁の切れ目…
    あんなに毎晩、愛してくれたレイジに捨てられるなんて、いやああああ……
    「恋人…、ううん、愛人でなくてもいいからそばにいさせてェ——」
  • 美人女性社員がナースコスでお酌♪ 酔いつぶれても優しく介抱してあげる♡

    私は、26の女盛りの了子です。
    去年までは一流企業でバリバリと働いていて、狙うは玉の輿だったのに
    不況のあおりを受けて、あえなくリストラ……
    地元に戻り、やっと見つけた就職先は社員5人の小さな建築関係の事務所。
    みーんなサエない男ばかりで、女性社員は私ただひとり。

    年末の忘年慰安旅行はスキーができるからと言われて参加したのに
    猛吹雪でホテルに缶詰。
    もう、こーなったら呑むしかない! 
    でも、私、お酒が入るとハイになっちゃうの♡
    まだ20歳の可愛い新人くんにいたずらしちゃおうかな……
    というちょっとしたいたずら心。

    まさかそれが淫劇の幕開けとなる!

    くんずほぐれず全社員と×××!!!!!
    すべてをさらけ出せば、人間関係もスムーズになる!?
  • 裏社会をしきる〝女〟はこうして生まれた

    「やったぁ!お刺身ゲット!」
    閉店間際のスーパーで値引きされた刺身を購入し、楽しみながら食費を切り詰める主婦・白木さやか(26歳)。
    平凡な家庭に生まれ、平凡な幸せを謳歌してたが、その小さな幸せも突如、終わりを迎える。
    夫が愛人に貢ぐための借金のカタとして暴力団に売られてしまったのだ——。
    高級官僚や政治家用の肉奴隷として……。

    平凡な主婦が〝闇の世界〟へと堕ち、そこで、もがきつづける衝撃のエロス&バイオレンス。女の運命は果たして——。
  • まさか憧れのドラマみたいな経験ができるなんて……

    結婚して十数年、子作りのためのセックスもほとんどなく
    いまの楽しみは大好きな韓国ドラマを見ることだけ。

    大好きなドラマのロケ地を巡り、その主役・ヨン様に会えるという韓国ツアーに主婦仲間と参加。
    しかし、ヨン様には会えないは、見知らぬ土地の韓国で迷子になり、踏んだり蹴ったり…。
    困り果ててい時に、声をかけてくれたのは〝ヨン様〟そっくりのイケメン韓国人!

    優しくエスコートしてくれる彼と、まるでドラマのヒロインになったかのような
    めくるめく快楽体験ができるなんて嬉しい♡
  • 人妻介護士だってサービスされたい!?

    デイサービスの老人介護施設に勤めはじめて、早や一年。
    35歳、子持ちの人妻の介護士、〝みゆき〟です。

    最初の頃は、おじいちゃんたちのおち○ちんにドギマギしたけど
    いまじゃ、「きっと若い頃はコレで……」なんて想像する余裕もある。
    でも、枯れていてもやっぱり男。いきなりおっぱいを揉まれるなんてことも…。
    私もまだまだ捨てたもんじゃない!!

    子供が寝入っているのを確かめて
    夫に「久しぶりに♡ いいでしょ?」とおねだりしても
    私の肌に触れてさえくれない——。
    当てつけるように寝ている夫の隣で自分を慰める……。
    そこで妄想するのは、新人イケメン介護士の山口涼くん。
    ひと回りも年下の爽やかな好青年。

    まさか、そんな彼がデートに誘ってくれるなんて
    夢みたい♪
  • 幸せな毎日にストーカーが淫らな影を呼び込む

    結婚して、子宝にも恵まれ幸せな毎日を過ごしている。
    夫婦の夜の営みも誰にはばかることなく
    淫らにどんないやらしい言葉だって言える♪
    こんな幸せが永遠に続くと思ってた———

    ある日、身に覚えのないメーカーから宅配便が届けられた。
    「この前も、送っていない懸賞から時計が届いたし、なんだろう?」
    開けて見るとそこには「バイブ」が入っていた…。そこに突然の電話。

    「———やあ奥さん。ボクからのプレゼント気に入ってくれた?」
    知らない若い男からの電話だった。
    さらに電話から聞こえるのは昨夜の私たち夫婦の営みの声……。
    顔の見えない男にもっとも恥ずかしいプライバシーを握られてしまった…。
    逆らうことなんて、考えられなかった……。

    これを皮切りにストーカーから淫らな指令が次々と下される———
  • 記念すべき結婚退社の日に私は上司に犯された……
    その悪夢には続きがあった——

    夢だったマイホーム、憧れの新婚生活。
    夫とは社内恋愛で結ばれた。
    結婚退職の日、なにかと目をかけてくれた上司が
    「君の夫になる関谷クンね、次のリストラ対象になっているんだ! それなりの見返りがあれば……」
    そして、私は汚された……

    約束通り、夫はリストラを免れ幸せな日々を過ごしていた。
    あの忌まわしい記憶から半年後、
    「やあ、幸せそうだねェ——」
    あの男が再び私の前に姿を現した!

    その日以来、彼は私のカラダをじっくりと嬲っていく…

    寝ている夫の顔の上で肛門を舐められるなんて
    経験したことのないおぞましい感触…
    でも、いつまでも味わっていたい

    「ごめんなさい あなた! 私 貞淑な妻じゃないの!!」
  • 大人は裸で無礼講! 子供たちがはしゃぐ声が風に乗って聞こえる――。

    保育園の親子ハイキングで、私はかわいい新米保父の松坂先生に放尿を見られてしまった! 恥ずかしくて死んでしまいたい……。でも、えっ!? 先生ったら、おちんちん勃っちゃったの!?

    松坂先生との過ちは、ミミちゃんのパパにバレていた。おどされて、子供たちが遊ぶすぐそばでミミちゃんのパパと……。さらにそこに松坂先生も加わって……!? ふたりがかりの責めに理性は吹き飛ぶ。もはや私たちは子供たちの保護者ではなく、本能に突き動かされた3匹の獣。
  • 誰にも言えない対極の悦びを独り占め♥

    私は、久遠寺十和子。商社の女管理職としてバリバリ仕事をこなす キャリアウーマン。結果を残さなければ認めて貰えない。
    直属の上司だった常務は、無理難題な難癖をつけて、他の社員が見ている前で私を罵倒する男尊女卑のサディスト…。

    でも、プライベートでは正反対のドM。社内で私を罵倒するのは、その何倍ものお仕置きを望んでのこと。頭の中で勝手に私の淫らな姿を想像する身の程しらずのブタよ!!

    傲慢な上司の顔面に跨がってお尻の穴を舐めさせる…なんという征服感!!
    たまらない悦びよ———。

    でも、常務同様、わたしにも二つの顔があるの。
    それは年下の部下にオモチャのようにもてあそばれるの♪

    私が上司と部下を二股かけていることを2人は知らない。
    いつ破綻するかわからない対の快楽は私だけのモノよ———。
  • 摩耶夕湖が描く珠玉のエロティックホラー

    かつて弟と人間として許されざる“タブー”を犯そうとし、
    逃げるように家を離れた——

    まさか可愛い私の弟が沢に転落するなんて…信じられない。
    しかも遺体は白骨化して首がなったなんて……

    弟の遺留品を受け取りに弟が泊まっていた旅館へと向かうと
    その旅館は曰く付きの旅館。
    約80年前にも美少年の首切り殺人事件があったという。

    そして古くから伝わる伝説になぞらえて
    女郎蜘蛛の館と呼ばれていた……

    「深山幽谷に 女の妖(あやかし)あり
    旅の男子を惑わして 精を吸い 身を喰らふ
    これを女郎蜘蛛(じょろうぐも)の怪(もののけ)といふ」
    〜『伊豆に伝わる民間伝承』〜
  • ついにつかんだ新婚生活は、“夫の元カノ付き”の屈辱的なものだった――

    37歳キャリアウーマンの私は、結婚相談所で15歳年下のイケメンと出会ってスピード結婚!

    「仕事で疲れて汚れた妻のおマ○コをいたわるのが夫のお勤めなんだから♡」

    これが女の悦び、愛されるってことね! でも夫はクズの本性を見せていく。小遣いをせびる上に、21歳の元カノを堂々と家に連れ込んでセックス!? だけど独身負け犬と笑われ続けた私にとって、女のプライドよりも、「夫がいる」という事実の方が大事だった。

    奇妙な共同生活に、嫉妬心は募る。こんな小娘に一滴だって私の夫の精子は渡さない! 私は憎い女の股間に顔を埋めて……。そしてふたりのオモチャになった。
  • ゴシップ大好きな私がハマった、快楽の蟻地獄。好奇心の代償はあまりにも重かった――。

    私は職場の恋愛模様に興味津々! 今日も情報収集に励むの。

    でも深夜のオフィスで見かけた、人事部長と人事課長の大物ふたりの不倫現場は、さすがに私にも重すぎるネタだった。会社が揺るぎかねない大スキャンダル!! 震える私に人事課長が残業を命じてきて……。

    「秘密をバラされないためには、見た人も同じ快楽の仲間にすればいいってネ」

    人事部長と人事課長、男と女に責められて、私の理性は崩壊寸前。どうしてこんなことに……ただ無邪気にゴシップを楽しんでいただけなのに。囚われた私は、あとは2匹の性獣のオモチャとして墜ちていくだけ。
  • 女の悦びを初めて知ったあの時に戻った気分よ♬

    10代の頃——、私は不良だった。
    「親不孝通りのメス猫」と言えばちょっとは名の知れた
    ヤンキーたちのアイドル。それが……

    20数年たった今、すっかりみそ汁の匂いが染み付いた三十路のごくごく平凡な主婦。
    年上の夫は、すっかり枯れてSEXどころか手も握ってくれない。
    私の女は終わっていた——。

    そんなある日、大学生の息子が友達を連れてきた♪
    純情で可愛いイケメン♡
    しかも、私を女として意識してるみたいなの!
    何となく、どこかで会ったことのあるような懐かしい感じもするし……。

    そんな彼が、息子も旦那もいない夜。
    息子に会いに訪ねてきた。一人で留守番の侘しい熟女が黙って返す手はないわ♪
    お酒でも、と誘って、いたずらしちゃおう♡

    でも、まさかあんなことになるなんて……。
  • 創業200年の伝統を守る老舗和菓子屋の若旦那が急死——。未亡人の運命は……

    老舗和菓子屋の跡継ぎ、真一さんに見初められ、結婚して5年。
    いまだに個だからには恵まれていない——。
    姑や大姑からは
    「子供も産めん嫁は嫁やない! ただの下働きの小間使いや」
    「ああ——大切な跡取りの長男がどこぞの田舎から拾ってきた娘が、子供も産めん女の出来損ないとはねェ——」
    と、呪いの言葉を毎日、毎日聞かされ、ネチネチといびられている……。
    でも、旦那さまは、そんな私の心も身体も毎日慰めてくれるから、何とか耐えていけるわ……。

    そんな小さな希望も失われてしまった——。
    夫が出先で急死…、ストレスによる急性心不全だなんて……。
    うそ…うそよ

    悲しむ暇もなく、伝統を守るため、義弟の匠さんが当主となることに。
    実の息子が亡くなったのに、姑や大姑は老舗ののれんを守ることしか考えていないなんて……。
    これから私を慰めてくれるのは、いったい誰なの——。

一般館に書籍が 12 件あります。

移動して表示

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ